»English

草の根活動 (マスカット基金)

マスカット基金は、主として「住民参加」「適正技術」「スモールスケール(あるいは適正規模)」「持続性」「主体性」「地域特性」などといったキーワードに沿って、より良い途上国支援の在り方を模索し、指示していこうとする当社の志を表する独自の事業です。

国際耕種株式会社は1984年の創設以来、中近東やアフリカの乾燥地域を中心に活動を行っており、これらの地域の発展途上国における農業、林業、農村開発、地域計画、環境保全関連などの分野で技術協力に参画してきました。こうした活動の中で痛感した社員に共通した認識は、発展途上国での地域住民の生活改善や福祉の向上を図るには、地域住民の持続的かつ主体的な参画に基づいた活動が不可欠であり、そのためにも適正規模での事業こそが重要であるということです。我々の活動はあくまでもそれを支援していくことであり、早急な提案や現地の経済状況を無視した支援、資金提供などはかえって地域社会のシステムを壊していく可能性があると考えています。

このような認識に立ち、我々が出来る「草の根レベル」での協力・共同事業が行えないものか、またそのような活動の中から今日の国際協力の問題点や改善点を探ろうとするように考えるようになってきました。そして、1997年にオマーンの首都マスカットに社員全員が集まり、国際耕種で出来る草の根レベルでの協力を自分達の力で出来る範囲で実施しようと決意し、皆から募金を募り「マスカット基金」を設立することに決定しました。当基金は、営利を追求する会社組織の中で共 同出資した資金を活用し、NPO/NGOなどの地域に根ざす組織と直接共同作業を行い、小規模ながらも地域住民の切実な改善要求に沿った持続的な活動を実施しようとするものです。

各地での活動

  • シンバブエにおける活動  詳細
  • オマーンにおける活動  詳細
  • シリアにおける活動  詳細
  • ラオスにおける活動  詳細



マスカット基金パンフレット